バッグ

お中元としてもプリザーブドフラワーが便利

夏の暑い時期に生花を家の中に飾ったままにしていると、しばらく時間が経つと水が腐ってしまったりする事もあります。また、あまり直射日光が当たる様な場所に保管していると枯れてしまう事もあります。

他にも風通しなども関係している様です。

真夏に花が長く咲いたままの状態で保つのは、環境によっては難しいかもしれませんね。夏にはお中元などとして花を贈りたいのであれば、プリザーブドフラワーが便利と言えるかもしれません。

プリザーブドフラワーは生花とは違い、扱いやすいのでお中元としても贈る事ができるでしょう。普段お世話になっている人が、お花が好きなのであれば、いい贈り物となる事でしょう。

自然を活かすプリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーとは、生花を薬品や着色料などを使い、長期間花の美しさを保つことができるように加工した花のことです。

フラワーアートに興味があるという人は、プリザーブドフラワーを学んで見てはいかがでしょうか。最近は、贈り物として利用する人も増えています。

このブリザーブドフラワーは、花の自然な色を活かすことはもちろんですが、生花にはないような色を出すこともできます。プリザーブドフラワーの注意点ですが、日光が直接当たる所に置くことは避けた方がいいでしょう。日光が当たってしまったまま長い時間が経つと、色が変わってしまう事があります。

変色には十分に注意しましょう。また、さまざまなアレンジを施すとアートとして楽しむことができます。ブリザーブドフラワーを始めてみたいという人は、教室も多くあるので、受講してみてはいかがでしょうか。

簡単にプリザーブドフラワーを手作り

専門のスキルを身に付けている人だけが、プリザーブドフラワーを作る事ができる、という分けでもありません。非常にレベルが高い作品を目指すのであれば、プロや熟練した人でないと難しいかもしれません。

しかし、趣味として自分で楽しんだり、友達にプレゼントしたりするのであれば、自分で作る事もできます。初めて作る人であっても、プリザーブドフラワーのキットを手に入れる事で、簡単に手作りする事ができるでしょう。

必要な物はすべて揃っていますので、初心者でもスタートしやすいでしょう。

また、本格的にすべてを手作りしたいという場合には、プリザーブドフラワースクールに習いに行ったりして、勉強するといいでしょう。

完成したプリザーブドフラワーを贈ろう

ずっとプリザーブドフラワーを作り続けていると、きっとたくさんの作品が完成する事でしょう。中にはたくさんありすぎて置き場所に困っているという人もいるかもしれません。ぜひ完成したプリザーブドフラワーは人に贈ってみてはどうでしょうか。

他の人にプレゼントする事を考えると、少しでもいい物を作りたいという気持ちになる事でしょう。

自分で飾るのであれば妥協してしまう事もあるかもしれませんが、他の人が見るのであればいい加減な物は作れませんね。

他の人に自分の作品を見てもらうというのは勇気がいる事もあるでしょう。喜んでもらいたいなどという気持ちが、さらにいいプリザーブドフラワーを作りたいというモチベーションにつながるかもしれません。

プリザーブドフラワーについての関連記事