バッグ

変化する浴衣の利用法

昔の人にとって、浴衣というのは特別な物ではなく、お風呂上りに着用する普段着でした。

しかし、現在では夏の催しに参加する際に浴衣を着用する事が多く、逆に家の中だけで着用する事は少ないでしょう。

同じ浴衣であっても、時代によって役割は若干異なっています。また、浴衣は毎シーズン新しいデザインが登場しています。

同じ様に見える浴衣でも、少しずつデザインも変化している様ですね。ですので、現在の我々が着用している物と、昔の人が着用していた物を比較してみると、きっと異なる部分も発見する事ができるでしょう。

これからも、身近に楽しめる和のおしゃれとして、たくさんの人を魅了し続ける事間違いないでしょう。

浴衣だけでなく小物もお手入れを

多くの人は浴衣のお手入れについては念入りに行っている様です。

しかし、浴衣と合わせて使用する小物についてもお手入れができていますか。もし、小物のお手入れができていないなら、今後はしっかりと行いたいですね。

浴衣の汚れを取ったり、手を洗ったりした後に使用するハンカチを入れておく、かごバッグは、湿気っぽくなってしまう事もあります。中の物を取り出して、干すといいかと思います。次に浴衣を着る際には、気持ちよく小物を使う事ができるでしょう。

浴衣はもちろんですが、小物についてもいつまでもきれいに使いたいですね。きれいに保つ事ができれば、さほど頻繁に新しい物に買い替える必要もないかと思います。

着慣れない人も多い浴衣

昔の人にとって和服というのは普段着であった様ですが、今の時代を生きる私たちにとって、浴衣などの和服はあまり着る機会がない物になってしまっているのかもしれませんね。

浴衣の着付けがなかなかできない人や、着にくいと感じたりする事もあるのではないでしょうか。また浴衣を着る際にはく下駄は長時間歩く際に、歩きにくいと感じる人もいる様ですね。

はるか昔から親しまれてきた浴衣は日常的に着る服から、夏のおしゃれへと変化しています。

しかし、多くの人が浴衣など和服の素晴らしさを知っており、海外の人まで着用する事もあります。確かに着慣れない人は多いと思いますが、これからもたくさんの人に愛され続ける事でしょう。

浴衣についての関連記事