バッグ

引き出物の縁起物とその由来

結婚式をはじめとした様々な法事で用いられる引き出物の歴史は、かなり古くて時は平安時代まで遡ります。この時代の貴族などが宴を催した際に、宴に参加された方々が帰られる際にお土産を持たせた事がはじまりでした。

はじめの頃の引き出物は、宴の際に出された料理などでしたが、時代が進むと特別な記念品を製造して送るようになりました。こうした特別な記念品の中には、夫婦円満など様々な特別な意味を込めて縁起物として利用する方々もいました。

縁起物を利用した引き出物は、幸せのおすそ分けという意味で色々な方達から評価されています。

引き出物の雑貨で避けるべきものとは?

引き出物は基本何でもいいのですが避けるべき雑貨もあります。まずはさみや刃物などは避けたほうがいいでしょう。これらは切ることを目的にしたものですので縁が切れるという意味に解釈でき縁起が悪くなります。

他にも割れる物も別れることを連想するために避けるべきなのですが、お皿やマグカップに関しては引き出物の定番になっているので問題はありません。

あと品の種類関係なくあまりにも重量の重いものは避けたほうがいいでしょう、遠方からやってくるゲストも多いので負担になります。かさばるものも邪魔にりますので引き出物としては避けておきましょう。

なぜバームクーヘンは引き出物の定番なのか

結婚式にお呼ばれすると、新郎新婦より頂く引き出物のなかにバームクヘンが入っていることがあるのではないでしょうか。そのバームクヘンにも実は意味があることをご存知でしたか?

バームクヘンは樹の年輪のように何層にも生地が重なっている形状をしています。このように年輪に似ていることから、引き出物の定番とされています。そこには、年輪のように年月を2人で長く仲良く年を重ねていくという意味が込められているのです。

最近は、引菓子にはバームクヘン以外のモノを用意される方もいらっしゃいますが、やはりジンクスにあやかれる縁起ものなので、ご自身の結婚式の引き出物には是非取りいれてみてはいかがでしょうか。

女性への引き出物で喜ばれるものとは

女性への引き出物として人気が高いのは、ブランド物の食器のセットやペアグラス、デパートコスメやタオルセットなどです。日常的によく使うものでありながら、普段なら手が出せないような高級なブランド物が好まれる傾向があります。百貨店やウエディングギフトを扱うお店なら、主要なブランドの引き出物に使えるアイテムが網羅されていますから、その中から選べば大丈夫です。どのブランドが人気があるのかわからない場合は、売上ランキングなどが大いに参考になります。今旬のブランドのギフトがランキング上位に入るので、それを選んでおけばトレンドにも対応できます。

具体的な品物についてですが、紅茶をよく飲むかどうかに関係なく、来客用にペアのティーセットがあるといざという時に助かりますよね。タオルも日常的に使う消耗品だからこそ、あまり高いものを買うことはできませんから、引き出物として高級な国産タオルなどを渡すと大いに喜ばれます。

高級なタオルは吸水性も、肌触りも安い値段のものと比べても段違いだからです。それから、女性はリラックスできるものや癒しを感じられるものを好むので、安眠効果や鎮静効果があるアロマオイルを選ぶのもいいでしょう。

結婚式の引き出物内容について

結婚式では、いくつかのことを決めていかなければなりません。テーマをはじめとしてそれに沿った料理や、披露宴の流れ、かける曲など挙げればキリがないほどです。そのなかでも、ゲストに贈る引き出物を何にしたらいいか、迷う人も多いかと思います。

マイプレシャスでは、カタログギフトでの引き出物を提案されています。カタログギフトは、性別やジャンルなどで分けられ、ゲストに合わせて選ぶことが可能です。カタログギフトは多様化する結婚式において、おもてなしできる万能なおもてなしになりますので、オススメできるアイテムです。

引き出物は場合によっては自宅に直送

もし、海外の結婚式場でウェディングを行うなら事前に準備しないといけない物はきっとたくさんあるでしょう。

しかし、海外の結婚式場は独特な風景を楽しみながらウェディングを行う事ができます。ウェディングのついでに旅行を楽しむ事ができます。ハワイやグアムなどは美しい場所が多い事などから非常に人気が高いのが特徴です。海外では身内だけで行う事も多い様ですね。

また、海外でウェディングを行う場合には引き出物を持って帰るのは大変です。持ち帰りが便利なカタログギフトなどであれば、特に困る事もないでしょう。

しかし、引き出物は場合によっては自宅に直接送ってしまう所もあるみたいですね。

結婚式での引き出物についての関連記事