バッグ

着ない浴衣はどうするか

最近では下取りサービスや、中古の買い取りなどがよく行われる様になりました。着ない浴衣が箪笥の中にずっと眠っているままだという人も多いのではないでしょうか。そのままにしていても、置き場所に困ったり、管理ができないという事もあるかと思います。

その様な着ない浴衣については下取りサービスや、中古の買い取りを利用するといいかもしれませんね。また、最初から自分で浴衣のお手入れをするのが嫌だという人であれば、レンタルを行っているサービスもあります。

レンタルは必要な時に好きな浴衣を選ぶ事ができますので、毎回異なる浴衣を選ぶという事も可能でしょう。また、お手入れしなくていいのも魅力的ですね。

流行の浴衣

最近ではファッションに敏感なおしゃれな人たちの間でブームとなっているとも言える和服ですが、手っ取り早く和服に慣れるためには、まずは浴衣から始めてみるのがいいでしょう。

和服は洋服と違って、その着方には慣れが必要です。浴衣も普通の和服も、素材以外に違いは無いので、まずは馴染むために浴衣を着てみようという方も実は多いのです。

男女での着方の違いは、大きな点としては使用する帯が異なります。また女性物には脇にあたる部分に身八つ口という隙間が空いているのが大きな特徴です。

その他、浴衣そのものの縫い方も男女では違うので、女物を男性が着ると、やや不自然な印象を与えてしまうことがあります。

反物から浴衣へ

浴衣というのは反物から仕立てる事で完成します。しかし驚くのはその反物を残す事なくすべての生地を利用して作られるという事です。無駄になる生地がなく、浴衣が完成します。また浴衣の裁断というのは曲線がなく、直線ばかりです。

しかし、人によってサイズは異なりますので、自分のサイズに合った仕立てをしたり、または複数のサイズが用意されている物の中から選んで買う事もあります。四角の形をした布を何枚も縫い合わせて浴衣が仕上がります。

こんなにシンプルな物を活用して複雑な浴衣が作られるというのは驚きですね。完成した物を買う事も多いですが、中には反物を持っていって仕立ててほしいというオーダーもできます。

浴衣についての関連記事