バッグ

プリザーブドフラワーをプレゼントしよう

友達や家族など大切な人やいつもお世話になっている人に、気持ちを伝えるという事は大切です。ただ言葉にして気持ちを伝えるだけではなく何かプレゼントをすると更に気持ちは伝わりやすくなります。

しかし、プレゼントは何がいいか悩む事もあります。プレゼントに困った時にはプリザーブドフラワーはいかがでしょうか。プレゼントの定番とも言えるのが花です。

しかし、花を贈ると世話や手入れにおいて相手を困らせてしまう事もあるかもしれません。相手を困らせてしまう事なく花を贈るにはプリザーブドフラワーが最適です。

プリザーブドフラワーは本物の花ですが、世話やお手入れは必要ありません。

自由に色を変えられるプリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーは自由に色を変える事ができます。元の花とは全く違った色の液体に浸しておく事で、全く違った色へと仕上げる事ができます。

プリザーブドフラワーで花束を作りたいけど、花の色がバラバラでまとまりがないという場合には、しっかりと色を工夫しておく事できれいなカラーの花束を作る事もできます。または現実には存在しない様な鮮やかなカラーにする事もできますが、若干違和感を感じるかもしれません。

より自然な仕上がりにしたいと考えているならできるだけ実際にある花のカラーを参考にするといいかもしれません。プリザーブドフラワーでとっておきのきれいな花束を作りましょう。

プチギフトとして贈るプリザーブドフラワー

中にはプリザーブドフラワーと言えば、大きな花束をイメージする人もいるかもしれません。しかし、プリザーブドフラワーは大きな花束だけではなくて、比較的小さいサイズのプチギフトとしても大活躍しています。

大きな花束は美しいですが、実際にもらうと置き場所に困るという人もいる様です。また、水を変えたりするのも面倒に感じる場合もある様です。しかし、小さいサイズであれば、その様な事に煩わされる事はなく、プリザーブドフラワーなら世話をする必要性もありません。気軽に花の美しさを堪能したいという人にもおすすめです。

仕事をしたりして忙しい毎日を送っている人も多いと思いますが、プリザーブドフラワーなら多忙なライフスタイルの人でも花を楽しめる事でしょう。

ラッピングにこだわりたいプリザーブドフラワー

普通の切り花であれば、花の先端を水に付けておく必要があります。しかし、プリザーブドフラワーであれば、水が全く必要ありません。また、花の部分だけに加工を行い、茎の部分は針金などを利用して作りますので、いろんなデコレーションやラッピングを楽しむ事ができます。

プリザーブドフラワーは一度形状を整えるとずっとそのままにしておく事ができますので、複雑な構造であっても問題ありません。

自分でプリザーブドフラワーを手作りしている人はラッピングを存分に楽しんでいる人も多いみたいです。できる様になれば、いろんなバリエーションの作品を作って、自分で飾って楽しんだり、またはプレゼントしたりと使い道はきっとたくさんあるのではないでしょうか。

プリザーブドフラワーについての関連記事