バッグ

引き出物に品物を追加するときの注意点

引き出物を選定する際には、相手への細やかな気配りも必要とされます。特に遠方からの来客に関しては、荷物が多すぎないような配慮なども必要です。さらには、何か追加したいときには、手違いが起こらないようにすることも視野に入れるといいです。

追加する引き出物によって、どの箱に熨斗紙をかけるかも変わりますし、重複を防ぐために、遅くなった時には、あらかじめ決めておくことも大切です。

引き出物は、感謝の気持ちを込めて用意するものであるため、増やさなくてもいいように考えるのも重要ですが、万一の場合には臨機応変に対応できるよう、式場の担当者と相談することもできます。

引き出物のメインを決めよう

結婚式の引き出物は何にすれば良いのかで頭を悩ませる人はかなり多いのではないでしょうか。

引き出物と一口に行っても、一つで良いわけではなくいくつかセットにすることになり、その中でも悩むのがメインの品物です。様々な年齢層の人がいるからこそ、みんなが喜んでくれるものを選ぶのは簡単なことではありません。

悩んだ際には、受け取り側が自由に品物を選ぶことができるカタログギフトにしておくべきです。引き出物を特定の品物に限定してしまわないことで、頭を悩ませる必要もなくなり相手にも喜んでもらえるので一石二鳥となるのではないでしょうか。

充実する引き出物を扱うお店

最近ではネット通販が普及していますので、引き出物を扱うお店も充実しています。引き出物を扱うお店が増えると、自由に選ぶ事ができます。しかし、引き出物を扱うお店が多すぎて逆に迷ってしまうという事もありますし、また短期間の間に手っ取り早く決定してしまわないといけない事もあります。

そんな時には、引き出物を扱うお店から選んで商品を購入するというのではなくて、提携先のお店を利用すると、過度に迷ってしまう事もありません。引き出物は提携先のお店かそれ以外のお店で買うのがいいのかという事に関しては、一概にこうだと言い切る事はできません。それぞれ特徴が異なりますので、状況に応じて判断しましょう。

親族への結婚引き出物の予算について

結婚式を行う時に悩むことが多いシーの一つとして、引き出物があります。ご祝儀の金額を予測して、それぞれに合う金額分のものを手配することになりますので、悩みの種になってしまうことも多いのです。一般的には、親族への引き出物はその他の人々に渡すものよりも、金額を高めの設定にすることが多いです。これから長く付き合っていく間柄ですし、お世話になり続けることが想定されるためです。

しかしながら、あまりのも見栄えが違うと、不公平な感じが出てしまうので、カタログギフトなどで調整することも望ましいです。見た目には同じように見えますので、他の人との差を気にせずに準備できます。また、遠方からの参列者が多い場合には、自宅に届けられるように宅配で手配するのも一つの手段とも言えます。近所に住んでいる親族であれば、他の人たちと同等のものにして、商品券や食事券などで渡すことも可能です。

結婚式や披露宴とは別に、親しい間柄の人のみで食事会を開くこともできますので、相手のライフスタイルや性格などをもとに、お返しができるタイミングやその内容を決めるのもいいでしょう。おめでたい日だからこそ、相手への気配りを忘れずにしたいものです。

結婚式における引き出物について

インターネットが普及し、結婚式での引き出ものも数多く探せるようになりました。検索してみると、さまざまなジャンルや事柄などが見つかります。すでに結婚式をおこなった新郎新婦のアドバイスや、業者での口コミ、トレンドなども詳しく知ることができます。

最近急増しているのが、マイプレシャスから出ているカタログギフトです。ゲストの年代や好みに合わせて、カタログギフトを選ぶことができます。しかしながら、一番大切な事は二人らしい式をおこなうことで、引き出物に関しても、二人の感謝の気持ちを伝えることが大切となります。

結婚式の引き出物とカタログギフト

最近自分が参加をした結婚式で貰う引き出物で一番多いのはカタログギフトだったという人多いのではないでしょうか?実際筆者もここ数回必ず入っているものでした。特に多いのがマイプレシャスという会社のもので、なぜこちらの人気があるのかというとそのカタログの種類の多さにも関係しています。

こちらではただ値段別になっているという訳ではなく、性別別や年代別、価格別にカタログの用意があり、自分がこの人にはこういった物を送りたいという視点から引き出物を選ぶことができます。カタログでも何種類かの中から選べるというのは楽しいものですね。

結婚式での引き出物についての関連記事