バッグ

活用したい引き出物

身内や友人などからもらった引き出物はどうしていますか。もし、もらったままで使用するチャンスがなく、しまっているだけであれば、ぜひ引き出物を活用する様にしたいですね。

引き出物の中でも食べ物であれば、賞味期限などの問題から早期に食べたり、家族と分けたりしている事も多いかと思いますが、それ以外の物を引き出物としてもらった場合に、活用できていない場合もあるのではないでしょうか。

せっかく気持ちを込めて贈られた引き出物ですので、いつまでも大切にしたいですね。物をプレゼントされるという機会はあっても、なかなかこの様な贈り物をするという事は少ないかと思います。物を使う事で、いい思い出がよみがえりそうですね。

オシャレな引き出物の特徴について

オシャレな引き出物の選び方にこだわりたいときには、プロのスタッフが在籍している結婚式の特徴をきちんと理解することがおすすめです。

最近ではコストパフォーマンスの良い引き出物に注目をしている人が少なくありませんが、まずはいろいろなタイプの商品のメリットやデメリットを理解することが求められます。

一般的に、オシャレな引き出物の見極め方について迷っていることがある場合には、定期的に便利な知識を身に着けることがコツです。その他、まずはアフターサービスの優れている結婚式場のスタッフに相談をすることが有効です。

引き出物に記念品は不評?どんなものなら良いの?

引き出物に記念品を入れるのは不評ですので避けましょう。ここでいう記念品とは結婚式の集合写真のことではなく新郎新婦の写真の入った大皿であったりプリペイドカードなどのことを指します。

確かに記念にはなりますが有名人もなく普通の一般人の写真の入った品はもらったほうは処分するわけにもいかず、だからと言って日常生活で使えるわけでもなく迷惑なものになります。ですので引き出物にする時は名入れや写真入れではなく普通のメーカーのお皿やマグカップ、カタログギフトやお菓子などにしたほうがいいでしょう。思い出はゲストに押し付けるものではありません。

友人への結婚引き出物の予算について

引き出物とは、結婚式とか披露宴のときに、招待ゲストからのお祝いに対するお礼として配られる品々のことを指しまし。地域とか家の慣習により、差が大きいという特徴があります。そんな引き出物を友人にわたす際の金額の相場ですが、披露宴の飲食時の三分の一を目安に考えるといいといわれています。

そのため、たとえばゲスト一人あたりの料理と飲み物が15,000円の披露宴を用意するという場合には、引き出物は5,000円が目安になります。実際にどんなものを選ぶ人が多いのかというと、一番多いんはカタログギフトです。現在最も多い選ばれています。新郎新婦が選んだものだ必ずしもゲストが喜んでくれるとは限りません。でもカタログギフトであれば、ゲストに選択をゆだねることができるので新郎新婦にとっても楽ですし、ゲストにとってもとてもうれしいものになります。

そのほかには、食器類とかカトラリー類も多いです。これは根強い人気になっています。かつては、割れるということでお祝い事には向いていないとされていましたが、現在ではおしゃれなブランドとかデザインのものが優先して選ばれています。でも食器類はキッチンの傾向とか好みがはっきりすることが多いので、個性が強いデザインを選ぶよりも白を基調にしたどんなものとも合わせやすいものがいいとされています。

引き出物から見える結婚式

マイプレシャスを通じてオーダーされるカタログギフトは、結婚式の引き出物にも幅広く活用されています。年齢や性別に合わせて選択できるだけでなく、好みや実用性に応じた物も贈り物として選び出すことができるため、どのような物を選べば良いのか悩みがちな問題でも、速やかに解決させることが可能です。

また、センスのあるこだわり抜かれたウエディングにも取り入れられており、招待ゲストがさらに満足できるよう工夫がなされた演出としての一部分としてもアピールすることができ、オリジナリティが溢れる要素として積極的に取り入れたいものです。

結婚式の引き出物の保管方法

結婚式の直前になると様々な荷物が増えてきて、家にどんどん置き場がなくなってきてしまいます。ただでさえ忙しい中、「あれがない」「これがない」となってしまったら困ってしまいます。そんな時にはマイプレシャスで頼んだ引き出物などは直接実家ではなく式場に送ってもらうという手があります。

実際、引き出物を会場に持っていって設定してくれるのはプランナーさんをはじめとする式場の人達です。当日運ばれてきてワタワタするよりも、事前にものが届いていて、しっかり確認出来る方が式場側としても嬉しいです。その辺もしっかり業者さんと打ち合わせをしておきましょう。

結婚式での引き出物についての関連記事